0478-52-4353

〒287-0003 千葉県香取市佐原イ3409

眼科、コンタクトレンズ、駐車場15台

香取市佐原の眼科|日帰り白内障手術 コンタクト レーザー治療 など、眼の事なら中村眼科医院へ

飛蚊症

Mobile Site

飛蚊症とは?

飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。症状が出る年齢もさまざまで、20代から症状を自覚する人もいます。

飛蚊症の見え方例

飛蚊症の見え方例

飛蚊症の原因は?

生理的なものと、病的なものとに分けられます。

生理的な場合

目の中には透明なゲル状の硝子体(しょうしたい)という物質で満たされていますが、この硝子体の成分は時間とともに変化し、一部にしわのようなものや濁りができてきます。この部分が眼から光が入った際に影となって網膜に映り、視野の中で黒い点のように見えます。また、加齢とともに硝子体が収縮すると、硝子体の後ろが網膜から剥がれ、この部分が黒い点のように見えることもあります。

生理的な場合

病的な場合

硝子体はその後ろにある網膜という光を感知する膜と接着していますが、その接着が何らかの理由(加齢性変化、または外傷等)により剥がれた際に網膜に傷をつけ破けてしまう、あるいは破けかかっている状態になると、そこの網膜が刺激され飛蚊症や光視症(光が雷のように走って見える症状)を自覚します。そのまま放置すると網膜剥離に進展することがありますので注意が必要です。
網膜が破けている状態までであれば、レーザー治療により網膜剥離に進展することを防ぐことができます。網膜剥離にまで進展してしまった際は網膜剥離を治す手術(硝子体手術等)が必要となることがあります。

生理的な場合は特に心配はいりません。しかし病的な場合は治療が必要となることが多く、視力に影響を及ぼす場合もあります。このため飛蚊症が認められた際は早めに眼底検査で確認する必要があります。

Page Top