香取市佐原の眼科 中村眼科医院

中村眼科医院

Menu

  • HOME
  • 抗VEGF抗体療法
抗VEGF抗体療法

抗VEGF抗体療法とは

体の中には、VEGF(ブイイージーエフ、vascular endothelial growth factor、血管内皮増殖因子)という物質があり、血管の形成に関与しています。このVEGFには多くの種類があり、その中の一部のVEGFを抑制することで、正常の血管に作用することなく、病的に発生した新生血管に作用し、その増殖と血管透過性亢進を抑制することが近年できるようになりました。この治療のことを抗VEGF抗体療法といいます。
眼科領域では主に黄斑浮腫を伴った加齢黄斑変性症や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症に使用されています。
加齢黄斑変性症では物を見るのにとても大切な黄斑部というところに新生血管が発生・増殖し、出血や血漿成分が漏れて浮腫を起こすことがあり、視力が著しく低下します。抗VEGF抗体療法を行うことにより、病的な新生血管を退縮・浮腫を軽減させて視力を改善させることができます(個人差があります)。

抗VEGF薬は現在数種類発売されており、当院では副作用が少ないタイプの薬剤を主に使用しております(症例によって使い分けております)。